種類の劣化のリスクを軽減

資料

紙媒体で書類を保管すると、経年劣化が一番のリスクです。紙は強くても経年劣化して破れてしまったり、切れてしまったりするのが一般的です。さらに印字が薄くなることも考えられるので、だんだんと見えにくくなったり証拠として有効ではない状態になる可能性もあります。そんなリスクに対抗できるのが文書の電子化で、電子データなら経年劣化の心配はありません。いつまでもクリアな状態で保存できますし、読みにくいという心配もありませんので安心です。一定期間は保存する文書なら、先のことも考えてきれいに読み取りやすい電子化も視野に入れて保管を考えることも重要です。長期的なリスクや利便性を含めて考えると、電子化には多くのメリットがあります。

検索しやすいから手間も省ける

Security

文書の電子化のメリットは保管状態だけではありません。紙媒体だとバインダーなどにいれて保管しますので、探すのが大変です。書庫にこもって探すことになりますが、古いと奥の奥にしまわれていることもあり、時間と手間がかかってしまいます。ところが、電子化すればパソコンで管理されるので、あっという間に検索ができて閲覧できます。これなら煩わしい探す手間と時間もかからずに済みますし、業務に支障もでないうえに全員で情報の共有化ができます。

スキャニングで電子データに早変わり

手元

文書を電子データにするには、一番ポピュラーなのが書類をスキャンして電子データとして保管する方法です。これなら必要な分だけをスキャンすればいいので、電子化する必要がないものを省けてロスをなくすこともできます。操作も簡単ですし、もちろんカラーでも残せるので見やすさと手軽さではおすすめです。ただ、自分たちでおこなうと手作業のところがありますので、時間がかかってしまいます。専門の業者に委託することでその手間は省けて、まっすぐできれいな画像に調整までしてもらえます。スキャニングすることで簡単に必要な部分だけに選別も可能です。

信頼がおける業者に委託するのがコツ

資料を読む人

文書の電子化をするにも膨大な量になってしまっては、本来の業務に支障をきたします。そのため、専門の業者に委託するのが効率的で高品質ですが、書類の内容は社外秘が多いでしょう。そこで重要になってくるのが機密保持が徹底している業者を選ぶことです。大切な情報を漏らされては大変ですから、個人情報や機密保持の資格を持っていたり、研修が盛んな信頼がおける業者を選ぶことが重要です。そのためには実績や資格保持などを見て選ぶことが重要です。予算もあるでしょうが、そこだけにとらわれないでしっかりと仕事の質を見極めて選ぶことです。そのような意識の高い文書電子化の業者なら、質もスピードも満足できるだけのスキルも期待できます。